足音がうるさいなと思った時に取る手順

足音対策の流れ 記事一覧

足音の原因は「かかと歩き」、解決策はスリッパ

他人の日常生活の平穏を奪ってくる、あの憎っくき足音。この足音の原因は何なのでしょうか?例えば、私の上の階には30歳前後の夫婦が住んでいるのですが、旦那である男の足音はうるさいけど、奥さんである女の人の足音は、まったく聞こえてきませんでした。「男の方が体重が重いから、それはそうだよ」と思われるかもしれ...

続きを読む

直接、騒音主に苦情を言ったり怒鳴りこむのは避ける

これから足音問題を解決していくにあたっての基本ルールを紹介したいと思います。それは、できるだけ騒音を出している本人やその家族とは「直接、会ったり、会話しないようにする」ということです。私たち家族も約1年間に渡って、この足音問題に取り組んできましたが、いまだに相手の顔をハッキリとは見たことがありません...

続きを読む

証拠となるように被害記録ノートを作る

これから色々な人に足音の被害状況を説明していく機会が増えていくと思いますが、いかに酷い音なのかを相手に伝えることが非常に難しいことに気が付くと思います。足音というのは「音」なので、当然ながら目に見えません。また、ドシンドシンという大きく響く音の割には、簡単な録音機では録音することもできません。なので...

続きを読む

不動産屋・管理会社に騒音トラブルを相談する

放っておいても足音が静かになる気配がない場合は、自分で直接言うと危険なので、誰かに騒音主に対して伝えてもらうことになります。その誰かとは、その不動産(アパート・マンション)を管理している会社の担当者です。賃貸でしたら部屋を借りる時に受け持ってくれた人が担当者になっているはずです。以下、私が担当者に相...

続きを読む

不動産管理会社が役に立たない時の対処法

私が住んでいるのは賃貸マンションなので、そこを借りる時に担当してくれた20代後半の男性が、そのままうちの担当者でした。なので、足音の問題が起こった時に連絡をしたのも、その担当者でした。ですが、この担当者に騒音トラブルを相談しても、まったく使えませんでした。有効な解決策を持っていないということもありま...

続きを読む

上の階の住人に苦情を言う段階

使えない前担当者から店長へと代わり、その店長が出してきた提案が、防音にはまったく効果がなかったので、私は「直接、上階に苦情を言いに行く」と言いました。ですが「住民トラブル」を避けたい不動産管理会社は「それだけはやめてください・・・わかりました、私が直接言いに行きます」という展開になりました。どのよう...

続きを読む

クレーム後にさらにうるさくなったら危険信号

足音がうるさい騒音主に対して、第三者を通して間接的に苦情を言うところまで来ました。※直接言うとリスクが高まりますので間接的がお勧めですとはいえ、騒音主からしてみれば、間接的に言われたとしても、「足音がうるさい!」というクレームが来たとしたら、それは下の階から苦情が来たということに気がつくことでしょう...

続きを読む

賃貸契約上、足音が原因での退去は不可能

本当に私の上の階に住んでいる夫婦の男の方は「頭がおかしいのではないか?」と、よく思うことがありました。まず「足音がうるさい」という苦情を、1週間か2週間おきに何度も受けているのに、一向にやめようとしないこと。しかも、不動産屋の店長から苦情を直接言われているんですよ。親の教育が良くなかったのか、ゆとり...

続きを読む

一番効果的な解決策は勤務先への連絡

不動産管理会社の店長から直接、注意を受けているのにも関わらず、なかなか足音が静かにならない困ったちゃんの騒音主。1週間か2週間おきに、こちらが店長に苦情を言うと、店長が騒音主に対して苦情を言ってくれるというサイクルを9ヶ月から10ヶ月くらい続けていました。しかし、ある時から店長が騒音主の携帯電話にか...

続きを読む

足音問題、騒音対策は長丁場!

住民トラブルというのは、本当に相手次第だと思います。例えば、私の場合は足音の問題でしたが、仮に自分の足音の大きさに気がついていない人が、人から言われてすぐにスリッパを履いたりできる人であれば1日で解決する問題です。マンションやアパートに初めて住む人であれば「気がついていないケース」もあるので、ただ単...

続きを読む